やきとり鈴

仕事でいやなことがあったので、飲まなきゃやってらんないよ、とのことで、やきとり屋です。


ええ、行きましたとも。


今の季節限定のおでんやきりたんぽ鍋もご用意しております、とか書いてあったので、まあ、食って飲んで忘れよう作戦ですね。


遊佐地鶏、っていう鳥を使っているそうで、この辺の人って知ってるんですかね?わたくし恥ずかしながらさっぱり知らんかったんですが、手作りの焼き鳥に、ここでしか味わえないというその地鶏がすごくおいしかったです。


串に刺さってる鳥が肉厚!系列店や、スーパーでは絶対味わえない、1本でもおなかにしっかり蓄えられるボリューム感。


ボリュームのある焼き鳥って、自分の家では焼くのが大変なのであんまり食べられないんですよね。


こういうときは外食が最高です。


寒いこの時期にはきりたんぽ鍋、行くしかないでしょう。


きりたんぽ鍋はきりたんぽがご飯となって鍋の具をおかずとして食べるような感じなので、これまたおなかがふくれます。


鍋に入ってるからと言って、雑炊みたいにはならず・・・汁はしっかりしみこむのにしっかりかめるんですよ。


お団子の方がイメージとしては近いですかね。


おでんは関西風らしいですが、そもそも関東でも関西でもないここ山形で~風も何もないと思います。


ですが、おいしかったです。


寒い季節には助かります。


値段も一つ100円から、と好きなものを頼めるスタイルなのもよかったです。


名代富士そば新宿都庁店

久々に富士そばに入る。


随分前だが毎日のように来ていた時期がある。


学生の頃だ。


中野のお店だった。


よくあの商店街にも足を運んだものだ。


若者には安いし、多いしほんとう有り難いお店。


もっぱらそばを食っていた。


そらそば屋だからね当たり前だけど。


たまの贅沢、カツ丼もときどきいただいた。


何度か酒を飲むのに使わせてもらった。


学生身分でそばを肴に酒を飲んでいたのだからなんだか笑えてくる。


あれからもう数十年の時が、なんて、最近は老け込んでしょうがない。


大体ネガティブな話になってしまい情けない。


仕事が早く終わったので昼飯を都庁でとることとなった。


午後の移動前にガッツリいただかないとね。


今日はヒレカツのカツ丼を食う。


これがまたうまい。



ヒレカツが二個で、割り下もそれほど甘くない。


しょっぱいのかなむしろ、
昔はヒレカツは高級というイメージがあったが、
この店にしろ、他のチェーン店にしろ、ヒレカツを出す店が多くなった。


なぜだろう?まあこのクオリティをワンコインクラスでいただけるのだから文句はない。


さすがっす富士そば。


あの頃と質も値段も変わらない。


いくらでも食える、という年ではなくなった俺だけどけっこう富士そばなら食える。


串カツ田中 大塚店

随分久々ですが、いざ大塚へとでかけました。


いつ以来だろう。


大昔先輩のライブを見に行って以来。


あの時はまだ豊島区民だったからもう七年ほど前のことだ。


今日はその先輩と酒を飲むことになった。


彼はもうこの地に骨を埋めるのかという勢いで良いマンションを借りている。


大塚から先輩の会社までのアクセスは決してよくないそうだが、何だかもう引っ越せないというのが彼の持論だ。


当然、酒を飲むことになり先輩の家へ行こうとすると、今日は外で飲みたいとのこと。


串揚げ屋さん『串カツ田中』さんへGO。


違う店舗に一度行ったことがあります。


なかなかに美味しいんですよ。


つうか串カツで失敗し過ぎたってあんあまりないよね。


大阪っぽいしこういうスタイルのお店はいい、アットホームだけどサクッと飲む用。


必要以上の長居は無用で、適当に飲んで行ってくれっていうスタンス。


とりあえず牛串とブタ・鶉のタマゴ・タマネギ・イカあたりを、ちょいとつまみながら、生ビールを流しこみました。


ビールよりホッピーが合うかな。


衣は薄めで、ソースを少しだけかけていただく。


衣があっさりな分油っこいという気がしないね。


体にも良いでしょう。


脂っこい揚げ物はさすがに喉を通らないとしになってきましたからね。


ご馳走様でした。


ひとしきり美味しかった。


大塚に今度行く機会があるかどうかは疑問ですが、どこかの店で見つけたらかなり候補の上位になるチェーン店でした。


らあめん花月嵐 江戸川橋店

営業途中に江戸川橋に下車することとなった。


困った。


土地勘もまるでない上に、この街自体あまり店がない。


失礼ながら東京都心の割に、閑静なのがウリといった感じ。


そういえば神楽坂の近くだからなるほどしょうがないか。


飲食店はいくつかあるものの入るのに逡巡してしまった。


 というわけで今日はさらっとラーメン屋に。


らあめん花月という店。


全国的に展開してる大チェーン店だが入ったことがなかった。


食券システム。


何を買うか決めてなかったので困る。


とりあえず人気No.1のげんこつを注文。


スタンダードなものらしいが醤油トンコツ、ちょいコッテリというところか。


アツアツのラーメンが出てきてわくわくしてしまった。


 見たところ背脂がたくさん浮いている。


これは俺の好みと違うと思い食ったらそれが意外や意外。


これは美味しい。


味は濃いがサラッと食える。


麺も食いやすい細さ。


スープによく合うのだな。


チャーシューも美味。


こってりスープとの相性を考えてかそれほど油っこくないなあ。


ちょうど良い感じ。


野菜のトッピングがねぎだけなのが残念。


次回食うときはそうだなキャベツなど頼んでトッピングしてみよう。


絶対このスープには合うはずだ。


 急な江戸川橋下車は大正解と行ったところ。


またこちらの方を通ることがあれば是非是非寄らせていただきますよ。


ごちそうさまでした。


鳥貴族両国店

総武線沿いにある印刷屋さんに行く為に久々に電車に乗った。


名刺が切れてしまったのだ。


急遽、店の人と飲みに出かけることとなった。


数年来の付き合いながら2人で出かけるのは初めてでちょっと戸惑った。


場所はちゃんとした店ではなくあえて鳥貴族。


そんなことを言うとトリキがちゃんとしてないみたいだけどそんなことはない。


いつも混雑している超がつく人気店だ。


店舗数も何だか年々増えているんじゃないかな、どこの街にもある気がする。


右肩上がり企業だね。


連休の初日だからやはり混雑。




19時頃に店にはいるとほとんどの席は埋まっているもよう。


両国なのに若い人が多くなんだかにぎやか。


店の中は良い雰囲気でした。



メニューは280円均一になっていて飲み物も、食べ物も同じ値段。


印刷屋さんは初めてらしくテンション高め。


いつもは真面目で静かな方なのに頬を赤らめてらっしゃった。



オススメの焼き鳥を注文。


貴族焼きがなんと言っても名物のメニュー。


とにかくでかいのですよ、これは1本で結構ぐっときます。


ほかのメニューもこの金額ですからね。


2人大喜びでシメのラーメンまでいただきました。


大満足。


名刺代を入れても思ったよりお金かからなかった。


さすがトリキっす。


虎ノ門 居酒屋